整体サロン 壮健塾
その他ページ

股関節が痛い、股関節矯正も整体で

  • 股関節のズレ

    股関節のズレと弊害

    股関節のズレと弊害
    股関節は大腿骨が骨盤に浅く組み込まれているために(動作範囲が制約されるので硬すぎず、深すぎずがベスト)、ズレが発生しやすいところです。99%の人間が幼児の成長期に左右のどちらかが亜脱臼します(左右の長さが違います)。
    股関節がズレるとズレた側の骨盤を持ち上げて骨盤が歪み背骨も歪んできます。ゆがんだままで骨盤を支えていると筋肉に疲労がたまり、血液やリンパの流れが悪くなります。脊椎を支える筋肉が弱ると腰痛や肩こりまれに内臓疾患に至るのです。
    最近股関節の痛みでお越しくださる方が増えています。O脚やお尻が下がるなどの弊害も見られます。 壮健塾の股関節矯正は骨盤のゆがみを正す整体術です。股関節矯正すなわち骨盤矯正につながるのです。現在は不快な症状が無いとしても、いつかは影響を及ぼす症状に至ります。症状を感じないまた、軽いうちに正しく調整することがたいせつです。

    大阪 豊中市の壮健塾は股関節矯正が最も得意です。

  • 骨盤矯正と肥満

    股関節が再びズレないために

    壮健塾の整体施術でせっかく正しくしても、日常生活のちょっとした不注意から股関節のズレはおこります。
    特に「横すわり」「脚の組み方」「衣服の脱ぎ着」やわらかいソファーに浅く座る」「長い間の車の運転」などからおこります。仕事やスポーツなども原因になりますので寝る前のストレッチ体操をお勧めします。

  • 骨盤を歪ませないために

    股関節の働き

    股関節は身体の中で最も大きな関節です。体重を支えつつ、立つ、歩く、またぐ、昇る、降りる、とぶ、けるなどのさまざまな動作をこなす要ともいえる関節です。 しかし、股関節に障害が生じると、動くときに痛むようになり、ひどい場合にはただ立っているだけでも痛むようになります。また、動きも悪くなります。
    健康な股関節
    股関節股関節は、太もも(大腿骨)の上端の丸い骨頭が骨盤のくぼみ(寛骨臼)にはまり込むようになって、関節を形づくっています。  股関節は、周囲の筋肉によって前後、左右、あるいは回旋したりと、自在に動かすことができます。
    ○ 関節軟骨は、関節の表面を覆っている厚さ2~4mm程度の層です。健康な軟骨は股関節にかかる体重を吸収し、非常に滑らかに動きます。変形性関節症では、関節軟骨がすり減り、骨も変形してしまいます。
    ○ 骨頭のおよそ2/3が寛骨臼に包み込まれていることにより、安定性と、体重支持において重要な役割を果たしています。この覆いが不十分な状態が『臼蓋形成不全』です。

  • 骨盤に優しい座り方

    股関節の亜脱臼が骨盤に悪さする

    骨盤の傾きの原因は股関節のズレが1番の起因です。イスに座るときは深く腰掛け、背中を伸ばして座りましょう。
    イスに浅く腰掛け体を背凭れにあずける姿勢は、骨盤が後ろに倒れた状態になりやすいので注意しましょう。
    また、脚を組んだりからめたりすることも良くありません。
    横すわりやぺったんこすわりも良くありません。
    普段の生活習慣を見直して骨盤が歪まないよう注意しましょう

    壮健塾の整体で股関節を正しい位置に戻しましょう!!

まずはお試しください!
まずはお試しください!
お客様の声
壮健塾のこだわり
健康仕掛け人の
  • 当院案内

    当院案内

    整体サロン 壮健塾

    〒560-0032
    大阪府豊中市蛍池東町
    2-1-2-101・201

    阪急宝塚線蛍池駅
    大阪モノレール蛍池駅下車徒歩1分

    ☆小雨なら傘のいらない超便利な
    立地です

    TEL 06-6857-3190
    >メールでのお問い合わせ

    大きな地図で見る

整体で心も体も癒すプロ
口コミで評判の整体院